【マイルの貯め方】陸マイラー初心者でも1か月で3万マイル獲得できる!1~3か月目にやることリスト

 

空マイラー、陸マイラーってきいたことありますか?

空マイラーとは、飛行機に乗ってマイルをためる人のこと。

逆に、陸マイラーは、飛行機に乗らずに、普段の生活の中でマイルをためる人のことをそう呼んでいます。笑

 

普段の生活の中で貯めるとは、

クレジットカード決済時のポイントで貯めるなど、お買い物のしかたやカードの使い方をちょっとかえること。

 

でも、普通にポイントをためていたのでは、なかなか貯金がすすみません。

多くのクレジットカードでは100円あたり1ポイント(還元率1%)ですが、

たとえば、ハワイへビジネスクラスで往復できる60000ポイントを貯金しようと思うと、

 

600万円の決済金額が必要!ということになります。

 

3人家族が1年かかってようやく支払いできるくらいの金額でしょうか。

これが、ヨーロッパへファーストクラスで往復しようと思うと、

16万5000マイルとなりますので、1650万円(!)

なかなか、凡人には難しい金額です。笑

 

ですが、ポイントサイトを使ったお買い物や、ポイントサイトやカード入会の紹介によって、1ヵ月に約30000マイルを貯金することが可能になります!

 

フライトに乗ってためる空マイラーより圧倒的に早くマイルをためられる。それが、陸マイラーの力です。

 

この記事では、はじめてマイル貯金を始めた人が、毎月約30000マイルためるために、1か月目~3か月目までのやることリストをまとめています。

 

そもそもマイルとは

 

マイル(マイレージ)とは、各航空会社が発行しているポイントのようなもの。一定数のマイルを、無料の特典航空券にかえることができたり、マイルで航空会社の商品をお得に買うことができたりします。

 

マイルは、飛行機に乗った時や、クレジットカードのポイントをマイルに変換することで「貯金」することができます。

 

ここでは、冒頭に述べた通り、「普段の生活の中で」1ヵ月に30000マイルためて、

2か月でハワイビジネスクラス往復、3か月でアメリカファーストクラス往復が可能になるためのやることリストをまとめます。

 

1か月目:マイル貯金のツールをそろえる

 

  • ソラチカカードに申し込む

ANA To Me CARD PASMO JCB、通称「ソラチカカード」に申し込みをします。

ソラチカカードとは、ANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となったカードのこと。

 

このカードは、決済用というよりも、「ポイント交換のため」に申し込みます。

 

ソラチカカードのポイント、「メトロポイント」を経由することで、たとえばVISAカードのポイントを

1ポイント=3マイル

のところ、

1ポイント=4.455マイル

ためることができます。なので、約1.5倍の速さでマイルがためられるということ!

すこし手間と時間はかかりますが、メトロポイントをとおすことでより多くのマイルをためることができます。

 

申し込むと、メトロポイントが確認できるTokyo Metro To Me CARD 会員専用サイトと、ANAカードに初めて入会された方は、ANA マイレージクラブに登録することになります。

 

初めて申し込むという方は、お友達の紹介で入会すると、入会した方も、紹介した方も、ボーナスマイルプレゼントの仕組みがあります!

 

もしお友達でクラブ会員がいるという方は、ぜひ紹介してもらってくださいね。

すぐにまわりで見当たらないという方は、Facebookまたはメールをいただければ、私からも紹介させていただきます!

 

 

  • ポイントサイトに申し込む

 

ハピタスや、モッピーといったポイントサイトから普段のショッピングをすると、ポイントをためながらお買い物をすることができます。

 

ポイントサイトで取得したポイントは、直接ANAマイルに変換することもできます。

また、先ほど紹介したメトロポイントや、その他のポイントサイトを経由することで、直接ANAマイルに交換するよりもいい交換率でかえることも可能です。

 

私が登録しているポイントサイトは、

 

ハピタス

Moppy

Gポイント

.money(ドットマネー)

Pex

ECナビ

 

ほかにもたくさんポイントサイトはあるのですが、あまりサイトが増えるとポイント管理が大変になるので(笑)

 

ポイントサイトでは、楽天市場やヤフオク、Expediaなどの旅行サイトの商品から、保険の面談、クレジットカードの発行、銀行口座の開設などを、ポイントサイトを通して行うことでポイントゲットできます。

 

たとえば、

無料保険面談 6000ポイント

新規クレジットカード発行 10000ポイント

無料不動産投資相談 7000ポイント

など、

30000ポイント(30000円相当)も、かなり簡単に獲得することができます。

 

まずは、案件が多くて使いやすく、ポイント交換にも効果的な、下記ポイントサイトがおすすめです。

 

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Gポイント
Gポイント

 

下記、ポイントサイトの一覧と、ポイントからANAマイルへの交換ルートについては、下記の記事を参考にしてみてください。

【2018年版】陸マイラー必見!各種ポイントからANA・JALマイルへの交換ルート一覧(2018年4月時点)

 

 

2か月目:ポイントサイトからポイントを交換する

ポイントがたまってきたら、実際にANAマイルに変換する作業をやってみましょう。

 

おすすめの交換ルートはこちらです。

 

<おすすめ1>

ハピタス→Pex(100%)→VISAワールドポイント(100%)→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(90%)→ANAマイル(90%)

または

モッピー→Gポイント(100%)→LINEポイント(100%)→メトロポイント(90%)→ANAマイル(90%)

 

上記の通り、ポイントサイトからANAマイルに変換することで、81%の変換率で交換することができます。

たとえば、Pexポイントは直接ANAマイルに変換できますが、変換率は33%。

すこし面倒でも、LINEポイントを利用して、メトロポイントに変換したほうが、ずっとお得!という事がわかります。

 

ANAマイル、または各航空会社のマイルを貯金するのにお勧めのクレジットカードも、これらのポイントサイトを利用して、ポイントをためながら作ることができます。

 

おすすめのカードについては次の記事に書きましたので、ぜひご覧ください。

(記事準備中)

 

<おすすめルート2>

ハピタス→Pex(100%)→Tポイント(100%)→ANAマイル(50%)

 

実は、おすすめルート1で紹介したルートには、交換できるポイント数の上限があります。

メトロポイント→ANAマイルの移行は、1ヵ月に20000マイルときまっているため、月に30000マイルためるとなると、別のルートを考える必要があります。

 

こちらは、TポイントからANAマイルに変換するときに半分になってしまうのですが、比較的交換レートがよいルートです。

 

ゆっくりでもいいから、できるかぎりいいレートで交換したいという方は、ルート1のみで交換することをおすすめします。

 

 

3か月目:紹介でマイルを稼ぐ

 

自分でポイントをゲットすることになれてきた!という段階。

実際やってみると、ポイントを獲得できる案件は、数に限りがあることがわかります。

 

そこで実践していただきたいのが、「紹介」。

 

今回入会したポイントサイトや、発行したカードは、紹介することで自分にポイントやマイルを還元することができます。

 

  • マイ友プログラムでANAカードを紹介する

ANAのカードは、「マイ友プログラム」というANAのプログラムを活用することで、500~2000マイルを、自分も、入会したお知り合いも獲得できます。

 

マイ友プログラムのマイル獲得数の一覧

↓↓↓

入会カード 紹介者 入会者
ANAプリペイドカード 100マイル 100マイル
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカード
ANAカード 一般、ワイド 500マイル 500マイル
ゴールド 2,000マイル 2,000マイル
プレミアム 5,500マイル 5,500マイル

 

たとえば、ANAの代表的なメインカードの一つであるANAアメックスゴールドであれば、紹介することで2000マイルを獲得することができます。

 

ポイントサイトからの申し込みでは、

 

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Gポイント
Gポイント

 

のポイントを獲得できます。

 

  • ポイントサイトの紹介をする

 

これまで登録してきたハピタス、モッピー、Gポイントなどのポイントサイトは、紹介することで、これも同じように紹介者と、入会者にそれぞれポイントがプレゼントされます。

ぜひ、自分が使ってみてよかったな、と思ったら、お友達に紹介してあげてください。

 

とくに旅やマイル貯金に興味がない人にとっても、普段のショッピングを、ポイントをためながらできることは、非常にメリットがると思います。

 

  • クレジットカードの紹介をする

 

ANAカードのほかにも、ぜひともおすすめしたいカードがあります。

それは、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、通称アメックスゴールドです。

 

ゴールドカードというと、サービスは良くても、年会費が高い・・・というイメージがありますが、アメックスゴールドだけは、紹介で入会すると、初年度の年会費が無料になるのです!

 

アメックスゴールドの魅力についての記事はこちら

(記事準備中)

 

アメックスカードの魅力は、付帯サービスだけでなく、その紹介プログラムにもあります。たとえばアメックスゴールドを紹介した場合、15000ポイントをボーナスとして受け取ることができ、これは約15000マイルにかえることができます。(アメックス・ゴールドの場合、別途マイル移行手数料がかかります)

 

各種アメックス・カードの比較についてはこちらの記事を参照

(記事準備中)

 

上記で説明した通り、ポイントからのマイル取得額には上限があり、

ポイントサイトの案件の数にも限りがあるため、

継続してマイルをためていくためには、クレジットカードとポイントサイトの紹介をしていくことが最も現実的です。

 

 

以上が、1か月目から3か月目までにやることのすべてです。

 

この1か月目~3か月目の作業のうち、2か月目までの作業をまずは1年間繰り返すだけでも、

30000マイル×12か月=36万マイル

はだれでも確実にためられます。

 

カードの申し込みなどは、季節や会社の年度の変わり目で大型キャンペーンを実施していることもあるため、すぐに手に入れるべきカード以外については、様子を見ながら取得されるとよいと思います。

 

いくらマイルを貯金するかは、あなた次第!

まずは、行きたい場所に行くために必要なマイル数を調べてみて、その数字を目標に取り組んでみてくださいね!

 

マイル獲得できました!というシェア、お待ちしております♪

 

まとめ

  • ソラチカカードに申し込む
  • ポイントサイトに申し込む(ハピタス、モッピー、Gポイント等)
  • ポイントサイトからポイントを交換する
  • ポイントサイトを紹介する
  • ANAカードを紹介する
  • その他クレジットカードを紹介する
LINE@登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です